SANNYの青い空の下で。

山登り☆5年目、今年も色んな山に楽しく登りたいと思います。皆さまヨロシクです~。

山納め、猫の笑顔で癒されて。六甲〜有馬縦走

皆さま、こんにちは。

今年も残すところ、

あと少しですね。

基本的に寒さが苦手なので、

山に雪が降り積もる前

今年最後の山登りに行って来ました。

その山は、関西では王道の六甲山。

その中でも王道な芦屋ロックガーデンから、

最高峰、有馬温泉コースを歩いて見ました。

 

f:id:SANNY7:20181223114255j:image

(芦屋ロックガーデンにある

風吹岩の名物、風吹猫を撮影。

まん丸の冬毛でニンマリ。)

以下、本文。

 

私、猫は大好きなんです。

ま、それはさておき。

平日朝の阪急芦屋川駅を降りて

登山口に向かいます。^_^

f:id:SANNY7:20181223114858j:image

この道、

六甲に登る時にもう何回通ったかなぁ。
f:id:SANNY7:20181223114840j:image

芦屋の山の手、

高級住宅街の奥に
f:id:SANNY7:20181223114940j:image

登山口であるお茶屋さんが有ります。
f:id:SANNY7:20181223114934j:image

この辺りには、

猪がうようよ居るので注意します。
f:id:SANNY7:20181223114852j:image

低山の六甲山とは言え、

山に入る時には大事ですね。
f:id:SANNY7:20181223114904j:image

お茶屋さんが何軒か並んますが、

もう営業して無い店もありそう。
f:id:SANNY7:20181223114834j:image

登山口直下には、

高座の滝があります。
f:id:SANNY7:20181223114828j:image

六甲山の登山を広めた人物です。
f:id:SANNY7:20181223114922j:image

高さ約10m位でしょうか。
f:id:SANNY7:20181223114911j:image

説明板が新しくなっていました。
f:id:SANNY7:20181223114846j:image

脇には登山会の方々でしょうか、

短歌も掲示してまいます。
f:id:SANNY7:20181223114928j:image

ゴミ注意に、登山道案内、

どちらも大事です。
f:id:SANNY7:20181223114916j:image

高座の滝の鳥居から山登りスタート。
f:id:SANNY7:20181223114822j:image

今年最後の山登り、頑張ります!

f:id:SANNY7:20181223120517j:image

ルートは王道の中央稜線コース。
f:id:SANNY7:20181223120604j:image

芦屋ロックガーデン。
f:id:SANNY7:20181223120557j:image

一応、鎖場もあります。
f:id:SANNY7:20181223120609j:image

ロックガーデンは六甲の名所。
f:id:SANNY7:20181223120535j:image

そこをエッチラホッチラと
f:id:SANNY7:20181223120540j:image

よじ登ります。
f:id:SANNY7:20181223120450j:image

寒かったですが、清々しい山の朝。
f:id:SANNY7:20181223120545j:image

六甲山の登山道は道迷いの名所でもあり、

正規ルートには丸いマーキングも見られます。
f:id:SANNY7:20181223120523j:image

振り返ると、

雲の流れがなんとも綺麗。
f:id:SANNY7:20181223120529j:image

花崗岩が風化して織りなす、奇岩群。
f:id:SANNY7:20181223120454j:image

ちなみにあそこにも登れます。
f:id:SANNY7:20181223120500j:image

この日は平日なので幾人しか

居ない登山道ですが、

週末となると人気で行列のできる登山道。

だから道もこんなに削られています。^^;
f:id:SANNY7:20181223120507j:image

花崗岩の石模様。いつだったか、

山登り☆大好きのガイド、

加藤さんの山セミナーで六甲山の

成り立ちについて詳しく

聞いたのを思い出しました。

約1万年前に地下深くで出来た花崗岩

隆起して出来た山との事でした。f:id:SANNY7:20181223120512j:image

ロックガーデンの風吹岩に到着。
f:id:SANNY7:20181223120551j:image

六甲山でお決まりの兵庫登山会さんの掲示

f:id:SANNY7:20181223122256j:image

岩に登って見ると、
f:id:SANNY7:20181223122227j:image

珍しく誰も居ない、、、

f:id:SANNY7:20181223122244j:image

と思ったら、先客(名物、風吹猫)

が居ました。笑
f:id:SANNY7:20181223122232j:image

っと思ったら近寄って来て、

ちょこんと座り
f:id:SANNY7:20181223122250j:image

キレイ、キレイ。^_^
f:id:SANNY7:20181223122304j:image

餌を欲しがってそうでしたが、

行動食(チョコボール)は

私だけ食べました。笑
f:id:SANNY7:20181223122220j:image

見渡すと、朝靄ごしの神戸の海。
f:id:SANNY7:20181223122238j:image

小休止の後歩き始めます。

サヨナラ猫ちゃん、また来年。^_^

f:id:SANNY7:20181223140343j:image

ニャ〜〜。

f:id:SANNY7:20181223124855j:image

複雑に入り組んだ、

六甲山の登山道。
f:id:SANNY7:20181223124840j:image

横に逸れて、
f:id:SANNY7:20181223124708j:image

その名も横池へ。

私のトレッキングポールだけで、

だーれもいないー。
f:id:SANNY7:20181223124846j:image

空虚感漂う横池から登山道に戻り、

六甲最高峰へ向かいます。
f:id:SANNY7:20181223124834j:image

六甲の水はあまり美味しくないので注意。^^;
f:id:SANNY7:20181223124757j:image

獣避けのゲートを過ぎれば
f:id:SANNY7:20181223124810j:image
f:id:SANNY7:20181223124740j:image

分岐点の雨ヶ峠に到着。
f:id:SANNY7:20181223124803j:image

詳しい案内板があります。
f:id:SANNY7:20181223124745j:image

今まで来た道、
f:id:SANNY7:20181223124751j:image

これから向かう道。
f:id:SANNY7:20181223124822j:image

そしてその距離。
f:id:SANNY7:20181223124715j:image

そして六甲の通としては、

七曲り方面には行かずに
f:id:SANNY7:20181223124902j:image

東おたふく山に向かいます。

(六甲最高峰にはどちらでも辿り着けます)
f:id:SANNY7:20181223124726j:image

東おたふく山、

山一面がススキの植林地となって居て

快適な稜線歩きが出来ます。

f:id:SANNY7:20181223124828j:image

夏場には青々とした草原になります。
f:id:SANNY7:20181223124732j:image

足元には松ぼっくりが数多く落ちてました。
f:id:SANNY7:20181223124720j:image

この行先表示板がある所が、

東おたふく山山頂。
f:id:SANNY7:20181223124817j:image

一応、見晴らしは良くて休憩出来ます。
f:id:SANNY7:20181223124852j:image

東おたふく山を下るといよいよ

六甲最高峰に至る山登りになります。

今回は人にあまり出会わないので、

もっと人に出会わない、

蛇谷北山コースを選択。^_^

f:id:SANNY7:20181223130638j:image

荒れた山道ですが、
f:id:SANNY7:20181223130806j:image

実はその殆どが尾根歩きなので、

一般に多くが登る七曲り

(九十九折)より登り易かったりします。
f:id:SANNY7:20181223130731j:image

但し、登山道自体が細く、

夏場は笹が生い茂り道が見え難かったり、

片側が切れ落ちたナイフリッジの様な

場所もあり、踏み外すと滑落する

恐れもありますから、

注意は必要です。
f:id:SANNY7:20181223130800j:image

それでも最近 道案内板も増えて、

迷う事は無いです。
f:id:SANNY7:20181223130724j:image

台風の影響はありますが、
f:id:SANNY7:20181223130651j:image

逆にアスレチック感があって楽しいかも。^_^
f:id:SANNY7:20181223130658j:image

案内板に山頂への標識が増えてました。
f:id:SANNY7:20181223130706j:image

そういえば、

ここ(蛇谷北山山頂)

来た事あったかなぁ。
f:id:SANNY7:20181223130750j:image

いつも通り過ぎてしまうので

来た事無かったかも。

銘板によると、

芦屋市の最高峰らしいですね。
f:id:SANNY7:20181223130645j:image

南側が抜けていて見晴らしは良かったです。
f:id:SANNY7:20181223130718j:image

蛇谷北山は笹の山。

笹藪を出たら身体を払って

マダニに注意しましょう。^^;
f:id:SANNY7:20181223130738j:image

冬枯れの尾根歩きを続けて、
f:id:SANNY7:20181223130633j:image

ここを登ると、
f:id:SANNY7:20181223130712j:image

一軒茶屋(六甲最高峰)方面への分岐点、
f:id:SANNY7:20181223130813j:image

六甲山神社(石の宝殿)に着きます。

f:id:SANNY7:20181223133049j:image
f:id:SANNY7:20181223133004j:image

今年一年無事に山登りが出来た事の感謝と、

来年もまた安全な山登りが出来る様に

祈願しました。^_^
f:id:SANNY7:20181223132939j:image

神社を出て、

六甲最高峰へはこのトンネルを抜けます。

(一応路肩に歩道有り)
f:id:SANNY7:20181223133146j:image

トンネル内に市の境界がありました。
f:id:SANNY7:20181223133108j:image

彼方に見える電波塔が六甲山最高峰です。
f:id:SANNY7:20181223133102j:image

一軒茶屋。

最高峰下にはお茶屋さんがあります。
f:id:SANNY7:20181223133126j:image

寒くて震えてたので、

暖かいキツネうどんを食べました。

(500円也)
f:id:SANNY7:20181223132946j:image

一軒茶屋から最高峰への舗装路。

(茶屋前はハイウェイが走っているので、

最高峰には車でも来れます。)
f:id:SANNY7:20181223133037j:image

階段を登っていると、
f:id:SANNY7:20181223133017j:image

今度は猫じゃなく、

犬がお出迎え。^_^
f:id:SANNY7:20181223133023j:image

ワン!
f:id:SANNY7:20181223133115j:image

六甲最高峰の石碑を踏みます。
f:id:SANNY7:20181223133120j:image

そしてその奥にある最高峰の広場。
f:id:SANNY7:20181223133139j:image

六甲山(山系)の最高峰。

931mに登頂。
f:id:SANNY7:20181223133057j:image

いつ来ても初心に帰ると言うか、

やはり良い山です。
f:id:SANNY7:20181223133132j:image

木塔も踏んで、三角点もタッチ。
f:id:SANNY7:20181223133044j:image

しかし、、、

誰も居ない六甲最高峰。

ある意味、

レアな体験をしました。笑
f:id:SANNY7:20181223133031j:image

一軒茶屋前の自販機で買った

ホットココアを
f:id:SANNY7:20181223133011j:image

ぼんやり空を眺めながら、

ゆっくり飲みます。
f:id:SANNY7:20181223132953j:image

来年もまた六甲山、

何回も登りたいなぁ。^_^
f:id:SANNY7:20181223132958j:image

神戸方面は晴れて来ていました。

うむ、これぞ青い空の下だ。^_^

 

最高峰で休憩した後、

下山路の魚屋道(ととやみち)

を通って、有馬温泉に向かいます。

f:id:SANNY7:20181223152447j:image

落ち葉の登山道。
f:id:SANNY7:20181223152308j:image

一部崩落、迂回する階段が出来てました。
f:id:SANNY7:20181223152327j:image

f:id:SANNY7:20181223152313j:image

ここ以外にもまだ通行止めがある様ですね。

f:id:SANNY7:20181223153821j:image

崩落した所もありますが、

魚屋道自体は傾斜も緩やかで、

時々ベンチもありますし、

登山初心者で初めて六甲に登るなら

この道を行くと疲れないと思いますよ。

f:id:SANNY7:20181223154020j:image

この登山道にはその昔、

トンネルがあった様です。
f:id:SANNY7:20181223152508j:image

今は埋もれてますがね。^^;
f:id:SANNY7:20181223152435j:image

歩いてたら道沿いの柵に、、
f:id:SANNY7:20181223152424j:image

「絶景」の文字が、、、。
f:id:SANNY7:20181223152302j:image

柵を跨いで行くと、

なるほど見晴らしの良い場所に出ました。

f:id:SANNY7:20181223153540j:image

小さく六甲有馬間を繋ぐロープウェイも見えます。
f:id:SANNY7:20181223152453j:image

案内板が瓢箪の形。

多分 有馬温泉に所縁がある豊臣秀吉

千成り瓢箪に因んでるのでしょうね。^_^

f:id:SANNY7:20181223152354j:image

この虫地獄の石が見えたら、
f:id:SANNY7:20181223152400j:image

有馬に到着です。
f:id:SANNY7:20181223152515j:image

お助け杖がエライ事になってます。笑

それだけ登山者が多い証ですね。
f:id:SANNY7:20181223152322j:image

有馬でも来年の安全登山を願おうと、

下山口横にある有馬稲荷神社に参ります。
f:id:SANNY7:20181223152458j:image

下山した途端の石段登り。^^;

f:id:SANNY7:20181223155137j:image

あーしんど。笑
f:id:SANNY7:20181223152333j:image

深い階段、

あーしんど。
f:id:SANNY7:20181223152344j:image

やったーと。
f:id:SANNY7:20181223152430j:image

有馬稲荷神社に到着、

来年の安全登山を祈願。
f:id:SANNY7:20181223152410j:image

稲荷神社だけに狐様もいらっしゃいます。
f:id:SANNY7:20181223152504j:image

神社前広場からは有馬温泉が一望。
f:id:SANNY7:20181223152348j:image

社務所前には寒椿?
f:id:SANNY7:20181223152442j:image

綺麗に咲いていました。
f:id:SANNY7:20181223152404j:image

有馬温泉街。

最近はオシャレなお店が増えて来ました。

f:id:SANNY7:20181223155729j:image

そして今年の山登りの締め、

有馬温泉 金の湯。

f:id:SANNY7:20181223155718j:image

脇にはクリスマスの雰囲気。
f:id:SANNY7:20181223155715j:image

金の湯 入浴料、大人650円。

(恐らく、有馬温泉で1番安く入れる温泉)
f:id:SANNY7:20181223155651j:image

有馬温泉には無色透明の銀泉と、

この金の湯の様な茶褐色の金泉があります。

f:id:SANNY7:20181223160521j:image

塩分が多い湯らしく湯あたりに注意との事。

しかし、湯あたりしそうな位にゆっくり入って、やっと山登りの疲れを取りました。^_^
f:id:SANNY7:20181223155710j:image

ひとっ風呂浴びた後には腹が空くもの、

金の湯横で酒まんじゅうを頂きました。
f:id:SANNY7:20181223155639j:image

温泉にはやはりまんじゅうが似合いますね。

蒸し立ての熱々、美味しかったです。^_^
f:id:SANNY7:20181223155657j:image

また温泉街を歩き、

f:id:SANNY7:20181223161035j:image

この赤ポストを曲がると、

f:id:SANNY7:20181223155633j:image

これぞ温泉神社と言う、

有馬天満宮に着きます。
f:id:SANNY7:20181223155724j:image

天神泉源。

ここには湯の源泉が湧き出る井戸があります。
f:id:SANNY7:20181223155627j:image

ここでもまた来年の安全登山を祈願しました。
f:id:SANNY7:20181223155733j:image

今年の山登りを思い起こせば、

初登りの比叡山から始まり、

夏に登った初の北アルプス蝶ヶ岳

九州まで足を延ばした秋の由布岳

などなど、どれも山で出会った

方々との交流が多い山登りでした。

また山小屋泊などの初めての経験もあり、

山登り5年目にして山の楽しさがまた

改めて解った1年でした。
f:id:SANNY7:20181223155644j:image

来年もまた新たな経験や発見がある、

楽しい山登り☆をしたいと思います。

皆さま、

また来年も宜しくお願いいたします。^_^