SANNYの青い空の下で。

山登り☆5年目、今年も色んな山に楽しく登りたいと思います。皆さまヨロシクです~。

初の北アルプスで寝っ転がる、長野県 夏の蝶ヶ岳。レポPart.3(最終回)

皆さま、こんにちは。(^^)

先週末に初めて北アルプス 蝶ヶ岳に登ったんですが、もう1週間経とうとしてるんですねー、天気予報だと、台風が変なカーブを描いて、今週末あたりには、この蝶ヶ岳あたりを直撃しそうです。お世話になった、徳沢ロッヂや、蝶ヶ岳ヒュッテの皆さん、またこれから北アルプスに登山される方、充分お気をつけください。

 

さて、Part.1、2とお付き合い頂きました、蝶ヶ岳登山レポも今回で最終回となります。

2泊3日の山行でしたが、今までの山登りで経験した事が無い事を、沢山出来たと思ってます。

では最終日、蝶ヶ岳ヒュッテの朝から スタートです!(山のぼり☆大好き風 OP 笑)

f:id:SANNY7:20180727094046j:image

(下山道の長塀山 お花畑より、北アルプスを望む。)

以下、本文。

 

蝶ヶ岳ヒュッテ、朝4:30 起床。

f:id:SANNY7:20180727094329j:image

山小屋 朝の定例行事、御来光を観る為に寝ぼけながらカメラを探します、ガサゴソ。(^^)

 

皆さん、カメラやスマホでシャッターチャンスを狙ってます。

f:id:SANNY7:20180727095011j:image

北アルプスの山肌も少しずつ明るくなって来ました。(モルゲンロートっぽい^^)

そして、朝日が昇る東側→を振り向くと、、。

f:id:SANNY7:20180727095324j:image

出ました!御来光。

f:id:SANNY7:20180727095735j:image

少し雲もかかって居ましたが、雲海も発生してて、幻想的でした。(^^)

それから、もっとラッキーな事が、、。

f:id:SANNY7:20180727100142j:image

南東方向に、日本で1番高い山が見えてました、富士山。いつかは登ってみたい山。(^^)

ヒュッテに戻り、下山準備を済まし朝食を頂きます。

f:id:SANNY7:20180727100726j:image

今回もっともシンプルな食事となりましたが、卵焼きが甘くて美味しかったです。(^^)

壁を見上げてると、「一期一会」の文字。

改めて、この山行であった、様々な事が思い出されました。
f:id:SANNY7:20180727100730j:image

今から下山はしますが、「山登りは家に帰り着くまでが登山」誰かが言っていました。下山道も楽しんで行きたいと思います。あ、まだ頂上も踏んで無いですからね。^^;

 

外に出てもう最後かと、蝶ヶ岳展望指示盤より北アルプスの山々をパノラマ撮影。

f:id:SANNY7:20180727102102j:image

ガイドさんによると、山は朝が1番綺麗に写るとの事ですが、空気が澄んでハッキリと稜線が現されますね。美しい景色は何回観ても良い物です。(^^)

f:id:SANNY7:20180727103910j:image
f:id:SANNY7:20180727103914j:image
ヒュッテ前でストレッチを済ましたら、下山開始です。

f:id:SANNY7:20180727102556j:image

蝶ヶ岳ヒュッテ、初の山小屋体験ありがとう!(^^)

蝶ヶ岳 山頂、標高2677mはヒュッテの直ぐ南側にあります。

f:id:SANNY7:20180727102935j:image

蝶ヶ岳 登頂しました。イェーイ! 笑

ガイドさんに撮影して頂いたのですが、「いやー、楽しんでますねー」っと。

はい、それがモットーです。(^^)

f:id:SANNY7:20180727104032j:image

ヒュッテ、山頂を後にして、蝶ヶ岳の南尾根にあたる長塀山に向かって歩き出します。
f:id:SANNY7:20180727104038j:image

長塀山に至るまでには、植生豊かな尾根道が続いており、妖精池と呼ばれる沼もあります。

標高2000mを超える場所に咲く、高山植物

必死に名前調べました、それでは お楽しみください。(^^) 

ミヤマキンポウゲ

f:id:SANNY7:20180727110002j:image

コイワカガミ
f:id:SANNY7:20180727110032j:image

アオノツガザクラ

f:id:SANNY7:20180727121225j:image

ハクサンイチゲの群生

f:id:SANNY7:20180727110027j:image
f:id:SANNY7:20180727105956j:image

タカネヤハズハハコ
f:id:SANNY7:20180727105943j:image

オオヒョウタンボク

f:id:SANNY7:20180727110008j:image

ハクサンフウロ
f:id:SANNY7:20180727110154j:image

モミジカラマツ
f:id:SANNY7:20180727110225j:image

皆さん、もう撮影に夢中。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110337j:image

ハクサンチドリ
f:id:SANNY7:20180727110250j:image

コバイケイソウの群生(妖精池)
f:id:SANNY7:20180727105950j:image
f:id:SANNY7:20180727110219j:image

クルマユリ
f:id:SANNY7:20180727110104j:image

f:id:SANNY7:20180727114938j:image

ウサギキク
f:id:SANNY7:20180727110142j:image

キヌガサソウ
f:id:SANNY7:20180727110045j:image

f:id:SANNY7:20180727120345j:image

ゴゼンタチバナ
f:id:SANNY7:20180727110115j:image

白い小さな花が可愛いですね。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110051j:image

植物達の競演に気を取られていると、長塀山の標識。
f:id:SANNY7:20180727110256j:image

足元には三角点がありました。

一応踏んどこう。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110121j:image

長塀山の山頂からは激下りが始まります。^^;

皆さん、登りの時と同様に多くの方がストックを使って、足に出来るだけ負担をかけずに降りてます。

f:id:SANNY7:20180727110021j:image

ギョリンソウ。標高もしだいに低くなり、関西の低山でも良く見かける花が出て来ました。

f:id:SANNY7:20180727142037j:image

徳沢まであと、1km程。
f:id:SANNY7:20180727110406j:image

やっと建物が見えて来ました。
f:id:SANNY7:20180727110401j:image

下山。11:04 ほぼスケジュール通りでした。

皆さん、お疲れ様ー。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110349j:image

ここから、上高地のバスターミナルまでは自由行動。早速、徳沢園でお目当ての物を注文しました。
f:id:SANNY7:20180727110324j:image

それは、カレーライス。

登山後のカレーはいつ食べても最高ですね。

あと、コーラも。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110207j:image

徳沢園前には平日と言うのにテントが多く設営されていました。

f:id:SANNY7:20180727110109j:image

食事を終えて休息後、上高地まで歩きます。

それにしても爽やかな陽気でした。
f:id:SANNY7:20180727110424j:image

行きと同じ道を辿ってもどうかと思い、途中の明神館から橋を渡って、明神池方面に向かいます。
f:id:SANNY7:20180727110318j:image

f:id:SANNY7:20180727110306j:image

明神池のほとりには、その昔 上高地の案内人であった、上條嘉門次の山小屋がありました。
f:id:SANNY7:20180727110127j:image

今は完全に観光客向けの飲食店になってましたが、調べたら宿泊も出来る様で、イワナの塩焼きが名物とか。

f:id:SANNY7:20180727110133j:image

記念に上高地のバッチをゲット。

梓川河童橋北アルプスの山々に上高地の花があしらわれたデザインで、上高地の魅力が詰まってる感じがしました。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110239j:image

小屋に続く、穂高神社 明神池 案内図。
f:id:SANNY7:20180727110412j:image

どうやら、皇太子(今年かぎり 笑)ご家族もお越しになっていた様です。

確か、ハイキングが趣味だと聞いた事があります。和かな笑顔ですね。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110244j:image

拝礼。
f:id:SANNY7:20180727110201j:image

バスの集合時間も気になりましたので明神池は遠くから撮影。(けっして入場料をケチった訳ではありません。笑)
f:id:SANNY7:20180727110057j:image

少し戻って、梓川上高地バスターミナルに向かって、行きとは対岸側を歩きます。

f:id:SANNY7:20180727130120j:image

対岸側は湿原地帯で木道が配された自然遊歩道になっていました。
f:id:SANNY7:20180727110233j:image

f:id:SANNY7:20180727110430j:image

木道は歩いてるだけでも楽しいですね。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110148j:image

湿原の池から上高地で1番目に付く山、六百山(標高2449m)を望む。
f:id:SANNY7:20180727110213j:image

池近くの川には天然のイワナが泳いでいました。流石、水が綺麗なだけありますね。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110343j:image

河童橋を渡り、この山行最後の風景を振り返りました。(^^)
f:id:SANNY7:20180727110300j:image

蝶ヶ岳は、北アルプスの中ではおそらく登り易く初心者向けの山だと思います。しかし、私が初アルプスにこの山を選んだのは、それだけが理由ではありませんでした、この山は、北アルプスの盟主 穂高連峰槍ヶ岳が一望出来る場所にあり、これからこの北アルプスの山々に挑戦して行くと言う、心構えが出来る山だと思い、選んだのです。(まぁ、寝っ転がりながらではありましたが。笑)次は涸沢から穂高?それとも一気に槍?はたまた燕から表銀座野口五郎裏銀座縦走?もっと北部の劔岳はまだ無理、無理。笑  色々と思いが飛躍しますね。

今回の山行、自分なりに蝶ヶ岳登山を満喫出来たと思いました。(^^)

 

最後に、今回お世話になりました、モンべ◯の社員ガイドの方々、そして何より同行の皆様、お世話になりました、ご一緒に登れて本当に楽しかったです、ありがとうございました。

(あと、好日山荘さん、公式ブログなのに、モンベ◯ツアーレポになり、ごめんなさい。笑)