SANNYの青い空の下で。

山登り☆6年目、今年も色んな山に楽しく登りたいと思います。皆さまヨロシクです~。

瀧を巡る山納め、京都府 亀岡 半国山。

皆さま、こんにちは。😊

2019 令和元年もあと半月余りになりましたね。気温も日増しに寒くなって、

もう少しで関西も冬山シーズンに入ろうとしています。

そんな中、寒い🥶のが大の苦手な私は、山に雪❄️が積もる前に、

早々に山納め登山をして来ました。🥾⛰

登るのは、京都府 亀岡市にある、展望が良いとされる山、半国山(はんこくさん)。

その変わった山名は、山頂から丹波の国が半分見渡せると言う事からついた様です。👀

では、山納めレポートをご覧ください。😊

f:id:SANNY7:20191216103515j:image

(山頂ケルンを撮影)

以下、本文。

 

週末の朝早く、京都駅🚉から亀岡行きの電車に

乗り込みます。🚞

f:id:SANNY7:20191216092830j:image

この所、軽量のポーチでの山登りが多かったのですが、

今回は今年最後と言う事もあり、長年に渡り使い込んだ相棒(ザック)を

引っ張り出して来ました。😊 🎒
f:id:SANNY7:20191216092827j:image

亀岡駅からバス🚌に乗り換え、
f:id:SANNY7:20191216092820j:image

赤熊と言うバス停で下車。🚏

(なんか熊🐻が出て来そうな名前ですね)
f:id:SANNY7:20191216092843j:image

帰りに利用するつもりは無いのですが、

一応時刻表をチェック。
f:id:SANNY7:20191216092836j:image

バス停から直ぐに、半国山ハイキングコースの

道標があります。←
f:id:SANNY7:20191216092833j:image

畑の中の道を突き進んで行きます。🥾

空は雲が多いですが、少しずつ晴れて

来そうですね。🌤
f:id:SANNY7:20191216092823j:image

道の突き当たりには、案内図がありました。

山頂へは3つのバス停から登れるコースがあって、意外とアクセスが

良い山なのかも知れません。🥾⛰

f:id:SANNY7:20191216092816j:image

今回は、先程のバス停の名前でもあった、

赤熊コース(山頂まで約4.5Km)で登ります。

イラストにある通り、渓谷に沿った道の様です。🌊
f:id:SANNY7:20191216092840j:image

獣避けでしょうか、ゲートがあります。

f:id:SANNY7:20191216095552j:image

この日は最初からなぜか全開状態。
f:id:SANNY7:20191216095533j:image

清々しい熊さんの山道です。(笑)🐻
f:id:SANNY7:20191216095449j:image

独りで歩くと、心静かよりもビクビクしてしまいますね。(地元の登山会さん)
f:id:SANNY7:20191216095546j:image

獣避けネットで覆った植林もされていました。🌳
f:id:SANNY7:20191216095540j:image

いきなり、勉強を強いてくる登山会さん。(笑)✏️
f:id:SANNY7:20191216095432j:image

なるほど、これが音羽川の沢ですね。🌊
f:id:SANNY7:20191216095501j:image

お、登山口みたいです。⛰
f:id:SANNY7:20191216095523j:image

脇にある小さなお社。⛩
f:id:SANNY7:20191216095620j:image

通称「山ノ神さん」そのまんまな感があるお名前ですな。

一応、目礼して行きます。👏
f:id:SANNY7:20191216095638j:image

登山会さんからのご案内。このピンクテープのおかげで助かる事になろうとは、、、。
f:id:SANNY7:20191216095414j:image

さーて、山頂目指して出発です。🥾⛰
f:id:SANNY7:20191216095452j:image

ピンクテープの道案内いい感じ。
f:id:SANNY7:20191216095610j:image

沢沿いの道。
f:id:SANNY7:20191216095635j:image

大きな岩がゴロゴロ。
f:id:SANNY7:20191216095536j:image

と思えば、万里の長城も。(笑)
f:id:SANNY7:20191216095626j:image

くり抜いた様な、うろのある木。🌳
f:id:SANNY7:20191216095623j:image

小さな滝もあります。
f:id:SANNY7:20191216095605j:image

水は冷たそうです。🥶
f:id:SANNY7:20191216095506j:image

ここが案内図にあった、音羽渓谷か。
f:id:SANNY7:20191216095417j:image

音羽の滝」って言うのもあるみたい。
f:id:SANNY7:20191216095424j:image

あの奥のかな。
f:id:SANNY7:20191216095445j:image

近寄ってみました。小さいですが、滝壺っぽいのもありますね。🌊
f:id:SANNY7:20191216095518j:image

音羽渓谷を遡って、半国山を目指します。⛰
f:id:SANNY7:20191216095427j:image

登るにつれ、登山道も険しくなって行きます。🥾
f:id:SANNY7:20191216095642j:image

目印のテープを見失わない様に。👀
f:id:SANNY7:20191216095529j:image

こっちは木にマーキング。
f:id:SANNY7:20191216095512j:image

渡渉する場所もあります。🥾
f:id:SANNY7:20191216095435j:image

と思ったら、登山道を外れていました。

GPSアプリ、ヤマップの図。赤色が登山道、水色が前歩者の軌跡、

青が自分の軌跡、〇が自分の現在地と方向)

怪しいと思ったので、アプリを見てあわてずに引き返し、登山道に復帰しました。
f:id:SANNY7:20191216095929j:image

どうやら渡渉はしないみたいです。

正解はこっち、樹木に紛れてテープが解りにくかった様です。👀
f:id:SANNY7:20191216095420j:image

進んで行くと道標を発見、安心しました。
f:id:SANNY7:20191216095455j:image

低山こそ迷い易いので気をつけて行きます。
f:id:SANNY7:20191216095459j:image

手造りの案内図もありました。

図によると迂回する関電ルートって言うのもあるみたいですね。

でも、そっちには行かずにまっすぐ山頂を目指します。🥾
f:id:SANNY7:20191216095442j:image

道に石ころが無くなりました。
f:id:SANNY7:20191216095509j:image

でも倒木は結構ありますね。🌳
f:id:SANNY7:20191216095526j:image

昔、植林されてそのまま手が入っていない様ですね。
f:id:SANNY7:20191216095558j:image

この小さなテープも見落とさない様に、
f:id:SANNY7:20191216095601j:image

登って行きます。🥾👀
f:id:SANNY7:20191216095614j:image

案内図のある場所に到着。
f:id:SANNY7:20191216095549j:image

牛つなぎ広場。昔、牛を引いてここまで登ったのでしょうか。🐂

道が分岐していますので、どうやら峠の様ですね。

しかし何とものどかなネーミングです。(笑)
f:id:SANNY7:20191216095438j:image

ちょっと、ひと休みに
f:id:SANNY7:20191216095617j:image

ちょうど良い倒木がありました。🌳
f:id:SANNY7:20191216095543j:image

しかし、これまで誰にも出会っていません。

赤熊ルートだけに熊さんには出会いそうですが。(笑)🐻

でもご心配無く、今回は秘密兵器を持って来ているのです、

コルトパイソン2インチ リボルバー式拳銃(嘘です)🔫
f:id:SANNY7:20191216095555j:image

100均で買った「パンッ」って音がなる、火薬装填式の昔懐かしいおもちゃです。

(結局使いませんでしたが、まぁ気分です)(笑)
f:id:SANNY7:20191216095515j:image

熊さんに出会わないうちにサッサと休憩を切り上げて山頂を目指します。🥾⛰

f:id:SANNY7:20191216100402j:image

もう辺りは落葉一色。🍂
f:id:SANNY7:20191216100358j:image

誰にも踏み荒らされて無いので、落葉もラッセルが必要。(笑)🥾🍂
f:id:SANNY7:20191216100351j:image

ピンクテープを見つけて、
f:id:SANNY7:20191216100347j:image

木のトンネルを抜けると、
f:id:SANNY7:20191216100411j:image

山頂広場が見えました。
f:id:SANNY7:20191216100354j:image

京都府 亀岡市、半国山頂に登頂。(標高774.2m)
f:id:SANNY7:20191216100408j:image

石を積み上げたケルン、私も一つ小さな石を積んでみました、イエーイ。😊👍
f:id:SANNY7:20191216100344j:image

山頂についたら、晴れて来ました。🌤
f:id:SANNY7:20191216100415j:image

ケルンの真上だけ、

f:id:SANNY7:20191216103734j:image

晴れて来るわー、不思議。(笑)☀️
f:id:SANNY7:20191216100405j:image

山名の通り、丹波の国を半分見渡して見ました。👀

(正面の一番奥に見えるのが京都の愛宕山みたいです)⛰⛰⛰

f:id:SANNY7:20191216100857j:image

山頂で少し休息した後、下山路の千ヶ畑・宮川方面に向かいます。🥾

f:id:SANNY7:20191216101538j:image

千ヶ畑・宮川方面下山路を途中で折れて、
f:id:SANNY7:20191216101612j:image

るり渓谷方面に向かいます。

そこまで0.5+0.7+2.5+5=8.7Kmくらいあるみたいですね。
f:id:SANNY7:20191216101542j:image

亀岡市のマスコットキャラでしょうか、可愛いですね。🐢
f:id:SANNY7:20191216101527j:image

必殺、ピンクテープの連続張りー!バシバシバシ!🌟🌟🌟(笑)
f:id:SANNY7:20191216101642j:image

と、思ったら落っこちてら。
f:id:SANNY7:20191216101638j:image

結んどきました。(もちろんGPSアプリで登山道を確認して)
f:id:SANNY7:20191216101630j:image

しかし、迷いそうだなー、この樹林帯は。

🌳🌳🌳
f:id:SANNY7:20191216101634j:image

落葉のせいか、踏み跡が解りにくいです。🍂
f:id:SANNY7:20191216101549j:image

やはり、正しい登山道(水色、前歩者の軌跡)を少し外れていましたので、

その都度修正。
f:id:SANNY7:20191216101609j:image

解っかりにくいでしょう。😥
f:id:SANNY7:20191216101645j:image

彷徨う、SANNY。(笑)🥾
f:id:SANNY7:20191216101623j:image

葉がみんな落ちちゃってるんだもんなー。🍂
f:id:SANNY7:20191216101602j:image

ピンクテープも落ちてました。(笑)またですか。
f:id:SANNY7:20191216101626j:image

で、結んどきましたー!(二重結び)これでもう落ちんだろう。
f:id:SANNY7:20191216101606j:image

やっと尾根道になって解り易くなって来ました。⛰
f:id:SANNY7:20191216101535j:image

しかし通せんぼする大岩。✋
f:id:SANNY7:20191216101619j:image

カーーーッ!そんな岩は割ってやるわ!(嘘です)🤛
f:id:SANNY7:20191216101552j:image

るり渓谷への道標を発見、どうやら道は合っていた様です。
f:id:SANNY7:20191216101558j:image

伐採で切り払われて、青空が見えました。☀️
f:id:SANNY7:20191216101555j:image

キャタピラ道を進んで行きます、キャラキャラキャラ。🚜
f:id:SANNY7:20191216101616j:image

林道に出ました。
f:id:SANNY7:20191216101545j:image

別荘でしょうか、ロッジが建っています。🏡
f:id:SANNY7:20191216101531j:image

半国山を無事下山、小さな集落に出ました。

f:id:SANNY7:20191216102229j:image

杉ヶ沢集落、ここにも愛宕神社があるみたいですね。⛩

(京都の愛宕山にある神社が、全国の愛宕神社の総本社)
f:id:SANNY7:20191216102405j:image

柿にお地蔵様、絵に描いた様な田舎の風景。
f:id:SANNY7:20191216102411j:image

半国山方面を振り返ってみます。良い山でした。⛰

(ちょっと迷いはしたけど)(笑)
f:id:SANNY7:20191216102250j:image

集落を抜けると、るり渓谷の入口に到着。🌊

今回は温泉で締めたいと思い、渓谷の先にある温泉地を目指します。🥾
f:id:SANNY7:20191216102353j:image

何やら、渓谷に名前がついている見たいですね、楽しみです。😊
f:id:SANNY7:20191216102232j:image

「名勝 琉璃渓」
f:id:SANNY7:20191216102313j:image

「怪刀巌」怪傑ズバットみたいな名前だ。(古)
f:id:SANNY7:20191216102323j:image

小さな滝が連続していきます。🌊
f:id:SANNY7:20191216102309j:image

お、また何かあるぞ。
f:id:SANNY7:20191216102402j:image

生憎と虹はかかっていませんが、
f:id:SANNY7:20191216102334j:image

美しい流れですね。🌈
f:id:SANNY7:20191216102327j:image

龍が歌を、、、。🐲🎵
f:id:SANNY7:20191216102344j:image

ほー、なーるほど。👂

(実は何にも聞こえて無い)(笑)
f:id:SANNY7:20191216102356j:image

え、オオサンショウウオが居るの?🦎
f:id:SANNY7:20191216102236j:image

いませんが、、、。滝は綺麗です。🌊
f:id:SANNY7:20191216102340j:image

雌雄の龍が!🐉🐉
f:id:SANNY7:20191216102304j:image

おおー!二匹の龍が交わりながら水中に泳いでいる、見える見える。🌊
f:id:SANNY7:20191216102253j:image

るり渓谷には、休憩できる東屋やトイレもありました。🚾
f:id:SANNY7:20191216102347j:image

渓谷沿いの道を進んで行きます。🥾🌊
f:id:SANNY7:20191216102247j:image

亀の岩?🐢
f:id:SANNY7:20191216102226j:image

うーむ、微妙~。

私的には亀と言うよりも、はじめ人間ギャートルズの肉に

見えますね。(笑)🍖
f:id:SANNY7:20191216102257j:image

日も傾いて来ました、秋の日は釣瓶落としなり、温泉に急ぎましょう。🌄
f:id:SANNY7:20191216102240j:image

でっかいダムが現れました。どうやらここから溢れた水が渓谷に流れている様ですね。
f:id:SANNY7:20191216102329j:image

通天湖と言うみたいです。
f:id:SANNY7:20191216102416j:image

ボートを浮かべて釣りをしてますね。🚣‍♂️
f:id:SANNY7:20191216102244j:image

車道に出て、るり渓温泉へ。🛣
f:id:SANNY7:20191216102425j:image

Welcome!
f:id:SANNY7:20191216102316j:image

るり渓温泉に到着。♨️
f:id:SANNY7:20191216102300j:image

今流行りのグランピング施設もあるみたいです。🏕
f:id:SANNY7:20191216102337j:image

でも私はまっすぐ大浴場へ。♨️
f:id:SANNY7:20191216102408j:image

料金表。大人ひとり土日祝、800円也。💴
f:id:SANNY7:20191216102350j:image

さあ、ゆっくり浸かるぞー。🛀
f:id:SANNY7:20191216102359j:image

こんな露天風呂でした、

f:id:SANNY7:20191216103949j:image

他にも温水プール(水着着用要)もありました。

*実は温泉入る前に水着持って泳いだんですよねー、山登ってから泳ぐって、

何だか面白いですね。(笑)🏊‍♂️

f:id:SANNY7:20191216103003j:image

温泉から無料の送迎バスで、
f:id:SANNY7:20191216102419j:image

駅まで送ってもらえます。🚌
f:id:SANNY7:20191216102422j:image

駅前のウィンターイルミネーション。✨
f:id:SANNY7:20191216102320j:image

 皆さま、今年1年間お付き合いありがとうございました。😊

今回の山行で、今年の山レポは終了します。⛰

思えば、六甲摩耶山(摩耶詣祭り)で初登りをしてから、

春は比良山系を2連発登山。

梅雨時期には九州九重への船旅登山、鮮やかなミヤマキリシマも

見て来ました。⛴🌸真夏を飛ばして、秋口には六甲ミーツアートで

美術鑑賞を兼ねた山歩き。🎨

先月は六甲須磨の岩場歩きに、秋も深まる丹波路の里山散策。🍁

そして最後は久しぶりに初めて登る山に

チャレンジ、滝巡りも出来て満足でした。

昨年に比べると山行回数は、

またもや減ってしまいましたが、

それぞれ印象に残る山登りでした。🥾

るり渓谷温泉の湯船に浸かりながら、

「来年はどんな山が待っているだろう~」

なんて思ってみたりしました。(笑)🧖‍♂️⛰

 

では、来年もまたどうぞお付き合いの程、

宜しくお願いいたします。

少し早いですが、良いお年をお迎えください。

 

またねー。👋😊